SEOを意識する上で必要なことと記事の方向性について!

今回はSEOを意識する際のポイントについてまとめようと思います。
サイト設計の際に、考慮しておくと、SEOを意識した際に非常に強いサイトが出来上がります。
そのためには、どんな要素に着目しておくといいのかを知っておくと役に立ちます。

また自分の備忘録のためにも、今回の記事は役にたつかなっと。

SEOに強い内部リンク設計について

まずは、SEOを強くするための内部リンク設計について書こうかと思います。
とは言っても、結構当たり前のことですがポイントをまとめていきます。

関連するページにサイト内リンクを貼る

まず1つ目は、関連するページにサイト内リンクを貼るということです。
ここでのポイントは、ページ内のテキストから内部リンクを貼るというところです。

ページ内のテキストリンクは、ほかの内部リンクと比べると、GoogleからのSEO評価が高い傾向にあります。
特に、テキスト形式の内部リンクは効果的で、画像やボタンでのリンクよりもできればテキストリンクでおくと良いです。

しかし、かといって手当たり次第内部リンクを貼るとSEO評価的にあまり良くなく、1ページに設定する内部リンクは文字数の1%程度にしておくと良いです。(1000文字あれば、記事内のリンクは10個程度を上限)

アンカーテキストリンクには対策キーワードを盛り込む

2つ目としては、アンカーテキストリンクを設定するのもSEO評価を上げます。
具体的にいうと以下のような感じです。

EX)ダイエットに効くサプリメントの紹介はこちら

上記の場合だと、こちらの部分にアンカーテキストを置くケースが多いですが、「ダイエットに効くサプリメント」の方にアンカーテキストを置く方がSEO的には良いです。

ダイエット、サプリメントといったKWのアンカーテキストになるわけで、SEO効果が高くなります。

トップページからの内部リンク構造

3つ目は、トップページからの内部リンク構造です。
トップページには、おそらくサイトの目次的な意味合いがあると思います。

そのため、内部リンクが最も多いページになると思いますが、トップページからの内部リンクは最大でもサイトの3階層下の部分までにした方がSEO的には良いです。理由としては、3階層よりも下まで内部リンクを張ってしまうとGoogleのクローラーが巡回できにくくなってしまうからです。

パンくずリストの対応

パンくずリストはリッチスニペット対応したものを導入すると良い。
これは、SEOというよりはリッチスニペット表示を導入することにより検索結果でほかの結果とは違った形で表示されるため、クリック率が上がる効果が期待できる。

そのため、リッチスニペット対応のパンくずを入れることを意識する。

サイトマップの作成

サイトマップには全てのページへの内部リンクが設定されることになるため、検索エンジンが全てのページを巡回することを助ける意味合いがある。最近では、サイトマップが存在しないサイトもあるが、最低でもXMLのサイトマップは作っておくと、クローラーが巡回しやすくなるため、絶対設置しておく。

フッターの内部リンクの設定

フッターの内部リンクは最小限に抑えて、ユーザメリットが高くなるようなメニューで設計するのがオススメ。
フッターリンクはウェブサイトのすべてのページに共通していることが多く、しかもクリック率は低い傾向にある。
すべてのページにリンクがあると、リンク過剰と判断され、SEO的には良くない。*人為的なリンクと判断される場合がある。

そのため、フッターリンクはサイト内の重要なページくらいにとどめておいた方がよい。

ドメインに関して

wwwありかなしか統一した方がベター。
どちらか片方にリダイレクトをかけるように設定することで、ドメインのパワーが分散しなくてすむ。
そのため、統一することはぜったいに行うこと!

AMPに関して

GoogleはすでにAMP表示を一般の検索結果に拡充するテストを行っているため、SEOとして効果はある。
ただ、AMPの設定をしてもカルーセルで表示される期間が短いため、そこまで重視して行う必要性はない。
やっておけるのなら、やっておこうくらいの考えで問題ない。

▪️懸念点
AMPは継続中のプロジェクトでプラットフォームの対応状況が今後どうなるかが不確定要素が多い
AMPの仕様自体が追加・変更される可能性がある
PCページ、スマホ用ページに加えて、AMP用ページが必要となり、作成・運用・管理コストが増大する
AMP HTMLにできないことがまだ多くあり、ユーザーのアクション・コンバージョンが制限される

SEOを意識した記事とは

SEOを意識した記事とは、以下3つを意識した記事になる。

  • 専門性
  • 網羅性
  • 信頼性

それぞれどういうことか解説していく。

SEOを意識した記事 専門性とは!?

一言で言うと

「何かしらプロの視点であれ!」

何でもいい、漫画でもゲームでも自分の好きなものや得意なものは一つくらいあるだろう
これだけは負けないっていう知識を記事にしろ!っていうことだ。

要はその分野のオタク知識を披露することが大事!

SEOを意識した記事 網羅性とは!?

その名の通り、記事に関してあらゆる角度から情報を与えていることが大事!
Googleはユーザ利便性を重視しているのもあって、ユーザにとって役に立つように関連情報も紹介している記事を評価するわけだ。

そのため、あらゆる角度で情報が紹介されること=網羅性
という認識!

SEOを意識した記事 信頼性とは!?

信頼性、これは昨今問題とされていることだ。要はテキトーな情報を記事にすんなよ!ってこと。
DeNAがやらかしたから、ある程度言わなくてもわかると思う。

welqとかあーいった記事はダメですよってこと。
ちゃんとしたデータがあって、根拠があって、こーなりますよっていう流れを作ろう!

SEO記事のまとめ

こんな感じかなあ!
参考になりましたでしょうか!
なにかあればコメントなどもお待ちしております、以上ですがまたSEOに関しても更新していきますねー

ナリアイ底辺を根城にするナリアイくん

投稿者の過去記事

このサイトの編集長。
面白いこと、ちょっと気になるあの情報を提供します。
あとは、自分の興味のあることや調べたこともここで共有していけたらなと思います。
ラーメン大好き!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 春といえば出会いの季節!ということで、女の子がもらって嬉しい(というかわたしがもらって嬉しい)ライン…
  2. 大切なことはすべてグーグルが教えてくれた大学の経済学部卒で、IT業界に入った…
  3.  もう働きたくないよ!って思ったことがある人は挙手もう働きたくない!ってサラリー…
PAGE TOP